HOME arrow大学院教育 arrowアドミッションポリシー

アドミッションポリシー

物理科学研究科の理念

物理科学研究科は,物質,宇宙,エネルギーに関する物理及び化学現象を対象とした学問分野において,広い視野を備え世界の第一線で活躍する研究者及び高度の専門知識をもって社会に貢献する人材の育成を目指している。

構造分子科学専攻の基本方針

構造分子科学専攻は,分子及び分子集合体の構造の解析に基づき,物質の静的・動的諸性質を分子レベルで解明するための教育研究を行い,広い視野と国際的に高い水準の能力を備えた次世代分子科学を担う研究者を育成することを目的とする。

機能分子科学専攻の基本方針

機能分子科学専攻は,分子及び分子集合体の機能発現を分子レベルで解明し,新たな機能分子の設計指針を確立するための教育研究を行い,広い視野と国際的に高い水準の能力を備えた次世代分子科学を担う研究者を育成することを目的とする。

構造分子科学専攻の求める学生像

構造分子科学に強い関心をもち,本専攻での教育と研究を通して,豊かな知性と感性を研磨し,次世代分子科学研究を担う研究者を目指す学生。

機能分子科学専攻の求める学生像

機能分子科学に強い関心をもち,本専攻での教育と研究を通して,豊かな知性と感性を研磨し,次世代分子科学研究を担う研究者を目指す学生。

5年一貫制博士課程における入学者選抜の基本的な考え方

1)構造分子科学及び機能分子科学専攻の基本方針に相応しい入学者を選抜する。
2)筆記試験では,専門分野における基礎的な学力と語学力を重視する。
3)面接試験では,意欲や思考の論理性等を重視する。

博士後期課程における入学者選抜の基本的な考え方

1)構造分子科学及び機能分子科学専攻の基本方針に相応しい入学者を選抜する。
2)面接試験を行い,学力,意欲,思考の論理性等を重視する。