自然科学研究機構 分子科学研究所
物質分子科学研究領域
電子構造研究部門

SUGIMOTO GROUP 杉本研究室

メッセージ
(杉本敏樹,Toshiki SUGIMOTO)


従来の限界を超えた新しい実験手法やアプローチ法を開発することにより新たな発見・新たな知見をもたらし,そうした発見や知見から独創的な新しい価値&次代を担う革新的なアイデアを生み出します.創造的な研究活動の中で“志”と“実行力”が育まれる,活力と活気にあふれた研究室です!



当グループでは,”固体の表面”や”異なる物質間の界面”で発現する水分子の水素結合凝集系や水素分子の特異な構造物性や化学的機能・量子ダイナミクスを微視的に解明し,新奇な現象を創発させる先進的な実験研究を展開しています.①物理学・物理化学に基づく深い洞察にこだわり,②赤外光や可視光・紫外・X線領域にわたる様々な光を用いた先進的な分光計測やナノ金属探針を用いた原子・分子レベルの極微計測を駆使し,更には③ナノフォトニクスを高度に応用した計測手法も独自に開発しながら分子科学の最先端を切り拓いています.



次代を担う研究者を養成するという観点においては,「物理学・物理化学・表面科学の素養を身に着け,現在に無い新しいものの見方(コンセプト)を確立したい!」「複雑な物質や現象の背後に隠れた数理・真理を見出す研究に挑みたい!」というパッションを持つ学生・若手研究者との時間を大切にしたいと考えています.誰でも最初は自信も経験もないところからスタートします.新しいことに果敢に挑戦し,失敗から学び大きく飛躍できるタフで骨太な研究者の育成を目指しています.


一緒に研究しませんか?
(研究者・大学院生募集)

・杉本グループ&分子研のパンフレット

・“研究所ならでは”の卓越した環境で世界トップレベルの分子科学研究に挑戦してみませんか?

 分子科学研究所には、物理、化学、生命科学など、多種多彩な研究分野から研究者が集められ、卓越した環境(設備・装置)の中で最先端の研究が進められています。当グループへの参加,あるいは共同研究を行うには主に次のような方法があります。


Please contact to Toshiki Sugimoto via e-mail or telephone before applying for (1)-(4).

(1)-(4)を希望される方とは事前の打ち合わせを行いますので,まずはEメールや電話等で気軽にご連絡下さい。(1)(2)では、リサーチアシスタント(RA)制度や特別奨学生制度による経済支援も手厚く行っています。また,HPや論文等でまだ公開していない新しい研究手法開発やアイデアも多数有りますので,当グループでの基礎研究に興味がある方は気軽にご連絡下さい.