研究室の紹介

研究室メンバー

草本 哲郎 (KUSAMOTO Tetsuro) 准教授

草本 哲郎 (KUSAMOTO Tetsuro) 准教授

  • 特技、特徴:光ると喜ぶ
  • 好きな元素:S (硫黄) 光りにくいけど
  • 好きなこと:ノートに書きつづること
  • 好きなペン:三菱鉛筆ジェットストリーム 0.7mm
  • 一言:迷ったらGo!
  • 分子研レターズの自己紹介記事
松岡 亮太 (MATSUOKA Ryota)

松岡 亮太 (MATSUOKA Ryota) 助教

  • 特技、特徴:整理整頓(掃除は苦手)
  • 好きな元素:Ta (タンタル) 指輪にしてます
  • 好きなこと:ライブ鑑賞
  • 好きなアーティスト:Perfume
  • 一言:人生楽しんだもん勝ち
木村 舜 (KIMURA Shun)

木村 舜 (KIMURA Shun) 東大 D3

  • 特技、特徴:バスケ
  • 好きな元素:N (窒素) ラッキー7
  • 好きな場所:動物園
  • 好きな動物:コビトカバ
  • 一言:To Boldly Go Where No Man Has Gone Before...
加藤 壮志 (KATO Soshi)

加藤 壮志 (KATO Soshi) 総研大 M2

  • 特技、特徴:指がめっちゃ曲がる
  • 好きな元素:炭素(主役にも縁の下の力持ちにもなれるから)
  • 好きな犬:キャバリアキングチャールズスパニエル
  • 好きな球団:横浜DeNAベイスターズ
  • 一言:ありがとうを言い合える環境を作っていきたいです。
増田道子 MASUDA Michiko 秘書

増田道子 (MASUDA Michiko) 秘書

  • 特技、特徴:豚汁作り
  • 好きな元素:Rn(お風呂のお供)
  • 好きなこと:卓球、ピアノ
  • 一言:Ever Onward の精神で頑張ります。

研究設備

実験室
【ドラフト】窒素/アルゴン/真空弁に加えいつでも減圧濾過が行える吸気弁付き

【水道】器具洗浄用。右側の蛇口からはなんと精製水が出ます
【溶媒精製装置】乾燥溶媒がバルブをひねるだけで出てくる優れもの

【有機合成装置】5つの容器の温度/攪拌速度を個別に設定可能。反応条件検討用

【低温恒温槽】–80 ℃までの低温反応が長時間手軽に行えます

【真空検体乾燥器】最高200℃まで加熱しながら試料を真空乾燥できます

【マイクロ波合成装置】オイルバスではなかなかいかない反応も,こいつにかかれば大丈夫...かも!?

【リサイクル分取GPC】10 mL/minの流速で高速に分離を行えます

【粉末X線回折装置】不溶性試料や結晶多形のある化合物の分析に絶大な威力を発揮します

【ワークステーション】量子科学計算用。このほかに計算科学研究センターのスパコンも利用しています

【吸光分光光度計】190–2700 nmまでの広範囲をカバー。固体測定用ユニットもあります

【分光蛍光光度計】溶液/固体に両対応。りん光用検出器もあります
【蛍光寿命測定装置】草本G特注。ピコ秒パルスレーザーを使って溶液/固体の発光スペクトルと発光寿命が測定できます。時間分解発光スペクトルも測定可能
【絶対PL量子収率測定装置(共用機器)】溶液/固体に両対応。光るラジカルができたらここに駆け込みます
【単結晶X線回折装置(共用機器)】高性能検出器搭載で高速に単結晶X線回折測定を行えます。最短記録はなんと6分!!
【NMR(400 MHz, 共用機器)】有機化合物の同定には欠かせない一台
【GC-MS(共用機器)】反応追跡や低分子量化合物の同定に活躍します
【ESI-TOF-MS(共用機器)】でかい。HRMSもばっちり合わせられる優れものです
【ESR(共用機器)】ラジカルの分析はこれがないと始まりません。液体ヘリウム温度まで冷却しての測定も可能です
【MPMS(共用機器)】SQUID磁束計による磁化測定に。300–2 Kの温度で7 Tまでの磁場をかけられます
【MALDI-TOF-MS(共用機器)】分子量が大きかったりすると,これでしか飛ばないこともあります
【FAB-MS(共用機器)】管理者曰く「これでHRMSが合わなかったことはない!」
【リフレッシュルーム】実験室隣。ほっと一息つきたいときに。窓からの眺めも最高です

研究室写真