HOME arrow大学院教育 arrow大学院生経済支援制度

大学院生経済支援制度

リサーチ・アシスタント制度(RA)

文部科学省が定めた制度で、大学院生が教員の研究補助者として雇用され、給与が支給されます。構造分子科学専攻および機能分子科学専攻では、全年次の大学院生をRA(リサーチアシスタント)として雇用しています。平成25年度のRA雇用実績は以下の表の通りです。

●平成25年度RA雇用実績
  雇用率 1) 一人あたりの受け取り年額 2)
1年次・2年次 100% 85万円以上
3年次・4年次・5年次
(博士後期課程)
100% 99万円以上

1) 1年間通期在学中の大学院生(休学生を除く)に対するRA雇用率。博士後期課程在学者については、日本学術振興会特別研究員、外国人国費留学生を除いた大学院学生に対するRA雇用率。
2) 1年通期在学者の受け取り基準年額
 

分子科学研究所SRA支援制度(SRA Support)

分子科学研究所では、平成27年度から、特に優秀と認められた学生をSRAとして採用する制度を設けました。
分子科学研究所SRA支援制度の概要

授業料免除制度

総研大HPを参照してください 。
 

日本学生支援機構(JASSO)奨学金

総研大HPを参照してください。